スウェイバーとアンチロールバーの違いは何ですか?

更新時間:2017-02-17
アンチロールバーはアンチスウェイバーとも呼ばれ、急カーブや急カーブを表現しながら車両のローリングを低減するために使用されます。車両の左側の車輪に対する右側の車輪の影響を最小限に抑えるために、車両に取り付けられています。

このことから、アンチロールバーがスウェイバーの正反対であることは明らかです。実は、車両にはスタビライザーが取り付けられており、両輪が互いに影響を受けながら曲がります。スタビライザーは、車両の横揺れを防ぐ効果があまりなかったため、使用されなくなりました。

アンチロールバーは、スウェイバーよりも効率的に機能します。したがって、車両の安定性を高め、車両のアンダーステアおよびオーバーステア特性を制御することによって。

アンチロールバーは、その材料の特性の1つ、つまりねじり剛性によってその機能を実行します。ターンを説明している間、内側の車輪が上がると、アンチロールバーが外側の車輪を上げる傾向があるため、2つの車輪の相対的な動きが中和されます。これは、バーの材料のねじり剛性が原因で発生します。

アンチロールバーの剛性も車両のスリップ角を変える可能性があります。車両の剛性が高いほど、トラクションの増加によるスリップ角は小さくなります。

剛性が変化するアンチロールバーを取り付けることもできるので、運転条件に応じてスリップ角を変えることができます。
連絡係
フルネーム:
Sabrina Wu
電話:
86-0576-87221128
Email:
whatsapp:
86-13586165296
skype:
sabrina06132
詳細な住所:
Nan Da'ao Industrial Area, Yucheng street,Yuhuan county
サブスクリプション
プロモーション、ディスカウント、セールス、スペシャルオファーなど最新情報を得るためのニュースレターの購読