アンチロールバーによるオーバーステアまたはアンダーステアを計算するにはどうすればよいですか?

更新時間:2018-01-19
トーマス・ギレスピーによる「ビークルダイナミクスの基礎」と呼ばれるこの素晴らしい本があります。その本の第6章はコーナリングを扱っています。彼が車両のコーナリングを説明するために使用する用語は、定常状態のコーナリングです。この本では、操舵角の式は次のように与えられています。

操舵角= 57.3 L / R + K *(横加速度)
どこ:
  L =ホイールベース
  R =曲線の曲率半径
K =アンダーステア勾配(車にアンダーステアがある場合は+ ve、オーバーステアの場合は-ve、ニュートラルの場合は0)。

アンチロールバーは、サスペンションを強化することによって車両のロールを減らすために使用される自動車のサスペンションの一部です。つまり、基本的には、コーナリングによって発生する横荷重を伝達します。
 
さて、アンダーステア勾配は、コーナリング剛性に対する車軸の負荷の比率、つまりW / Cです。前輪と後輪の両方の比率が等しい場合、それはニュートラルステアリングと呼ばれます( K = 0 )。フロントの比率がリアよりも大きい場合、アンダーステアと呼ばれます( K> 0 )。フロントの比率がリアの比率よりも小さい場合、それはオーバーステアと呼ばれます( K <0 )。

以来、横力(a)= W(V ^ 2)/(C g R)

どこ、
g =重力による加速度と
V =前進速度、

フロントとリアのW / C比を計算して同等化することで、車両がアンダーステアになるかオーバーステアになるかを予測し、それを補うために必要なステアリング角度の調整を行うことができます。
連絡係
フルネーム:
Sabrina Wu
電話:
86-0576-87221128
Email:
whatsapp:
86-13586165296
skype:
sabrina06132
詳細な住所:
Nan Da'ao Industrial Area, Yucheng street,Yuhuan county
サブスクリプション
プロモーション、ディスカウント、セールス、スペシャルオファーなど最新情報を得るためのニュースレターの購読